VAPEなどの電子タバコのメリットデメリットを解説

クラブなどで話題になり、若者の間で注目されている電子タバコ。ハリウッドスターやセレブ、国内でも芸能人が愛用していることもあって知名度を上げてきていますね。でもそもそも電子タバコってどういうもの? そんな方のためにVAPEとも呼ばれる電子タバコの仕組み、メリットとデメリットを解説します。まずはその仕組から。電子タバコは、主に電源を供給するバッテリーとリキッドと呼ばれる香りのついた液体を気化させるアトマイザーによって構成されています。アトマイザーにはコイルに巻かれたコットンなどの繊維が入っており、電熱によってリキッドを気化させるという仕組みです。こうして気化した蒸気は煙のように吸い込むことができ、その味を楽しむのが電子タバコ、VAPEというわけです。続いて電子タバコのメリットをご紹介していきます。

電子タバコ、VAPEのメリットとは

まだ普及し始めたばかりでよく知られていない電子タバコ。でもなんとなく健康に良いアイテム、という噂は聞いたことがありますよね。実際、そうなんです。電子タバコに使用されるリキッドはニコチン、タールフリーの物があり健康的に香りだけを楽しめるんです。海外ではニコチンの入ったリキッドも売られていますが、国内での販売は禁止されているので安心ですね。リキッドにはフルーツ、ミント、チョコレート、コーヒーなど様々な味があり、価格によってその美味しさが変わってきます。使用する電子タバコ、VAPEが上級者仕様のものであればよりリキッドの風味を引き出すことができるとされています。電子タバコの使用は健康的であるというだけではなく、禁煙アイテムとしても多くの人から愛されています。

電子タバコ、VAPEのデメリットって何?

お次は反対に良くない側面、デメリットについて解説していきます。まずはその販売形態です。日本には電子タバコの正規代理店がなく、すべて並行輸入品。そのため海外の有名ブランドの偽物が多く販売されています。偽物のVAPEは安全性に問題があり、バッテリーの膨張による爆発事故やアトマイザーコイルに人体に悪影響のある物質が混入していたりと問題が絶えません。また、商品に日本語の説明書がついていないため、説明書の添付やアフターケアがしっかりしていないショップで購入した場合、使用方法なども含めて十分に楽しめないことがあります。使用されるリキッドも安全管理が甘い環境で製造されていることがあるので購入時、使用時には十分注意しましょう。信頼できるショップでVAPEを購入したいですね。