VAPEなどの電子タバコでする禁煙まとめ

日本で市販しているVAPEという電子タバコはリキッドにニコチンが配合されていません。そのためにタバコを禁煙したいという方にも向いています。タバコに含まれるニコチンという成分には中毒になる可能性が指摘されていますが、VAPEを吸うことによって口の中が寂しいという感覚をかなり紛らわせることができるようになります。そして、タバコが嫌われる最大の理由は副流煙が挙げられますが、VAPEはニコチンが含まれる副流煙も出てこないので、家族や会社の同僚など同じ場所にいる方たちに迷惑がかからないようにすることができます。タバコのように健康の面で心配だったり、臭いやヤニの問題が発生したりする心配がVAPEにはありません。VAPEを使って禁煙が実行できればこのような様々なメリットがあります。

VAPEでタバコ代を節約できる

一般的なタバコを一日に一箱分喫煙する方がVAPEで禁煙したとして発生する費用を比べてみると、一箱に二十本のタバコが入っていて440円であると仮定すると、一ヶ月にかかるタバコ代の金額は、13,200円ということになります。VAPEは、イニシャルコストとして、およそ5,000円から10,000円ぐらいの費用が発生します。リキッドの値段は一本で、だいたい1,000円ぐらいですが、一日に一箱分のタバコを喫煙する方であっても、一ヶ月ぐらいはもちます。初めの月に発生する費用はほとんど変わりませんが、その翌月からはVAPEのリキッド代として1,000円はかかりますが、毎月およそ13,200円のタバコ代がかからなくなります。節約の面からも、VAPEは経済的であるといえます。

VAPEのリキッドの種類について

VAPEのリキッドに付いている香りはバラエティに富んだ種類が取り揃えられています。甘いお菓子やフルーツのような香りが付いているリキッドも用意されているので、女性にも非常に人気がある理由の一つとなっています。甘いお菓子のような香りを吸い込むことによって、脳が勘違いをして、甘いお菓子を食べたという満足感を与えてくれるので、ダイエットの効果が期待できます。VAPEなどの電子タバコを取り扱っている専門店も存在しますが、専門店に出向くのが困難な場合でもインターネットを使って通信販売をしているサイトからアクセスして買うことも可能です。そして、通信販売のサイトから買うときには実際の商品を手にとっていないので正規な商品であるかどうかをしっかりとチェックをしてから買う必要があります。