電子タバコVAPEのメリットとデメリットを簡単に紹介します

近年、若者の間で話題になっている電子タバコ。VAPEとも呼ばれ、タバコの代わりだけではなくファッションアイテムとしても注目されています。海外のセレブやインフルエンサーと呼ばれるスタイルアイコンたちが、こぞってクラブでVAPEを吹かす姿に憧れた人も多いのではないでしょうか。電子タバコはリキッドと呼ばれる液体を機器で気化させ、その蒸気を吸うアイテム。タバコと呼ばれつつも燃焼による煙を吸う従来のものとは種類が異なります。都内ではVAPEからリキッドなどの周辺機器が揃う路面店もオープンし、少しずつ知名度を上げていっています。今回はまだまだ知られていない電子タバコのメリットとデメリットについて簡単にご紹介するとともに、その魅力を皆様に伝えていきたいと思います。

電子タバコ、VAPEのメリットって?

はじめに電子タバコのメリットです。まず、大きく挙げられているのは健康に害のない嗜好品であるという点です。電子タバコは、バッテリーとアトマイザーという二つのパーツで構成されています。バッテリーから供給された電源で、アトマイザーがリキッドを気化させます。ニコチンやタールなどが含まれていないリキッドを使用すれば、その香りや味だけを楽しむことができ、健康かつ禁煙アイテムにもなるというのが電子タバコが人気を呼んでいる理由です。コストがかかりすぎるという理由で禁煙する方にも、値段を抑えて繰り返し楽しめる電子タバコは魅力的なアイテムでしょう。また、火事の心配やクラブなど人の多い場所でも火傷の心配がないこともメリットとしてあげられます。スタイリッシュでヘルシー、かつ安全というのがVAPEを愛用するメリットですね。

電子タバコ、VAPEのデメリットとは

次はVAPEのデメリットを挙げていきます。まずは健康面において、まだ一般的に使用されてから間もないため明らかになっていない健康被害が考えられます。電子タバコのヒットに対してのやっかみとも考えられますが、粗悪なアトマイザーの使用は人体に害を及ぼす危険性があります。そして不衛生な環境で作られたリキッドもまた、安全検査を受けていないため人体に有害な物質が混入している危険性があります。電子タバコはアメリカ、中国から輸入されてきたアイテム。そしてそれを日本で販売している業者も安全性についてはグレーなスタンスをとっているのも事実です。あくまで並行輸入品として販売されているため、安全性の保証はありません。電子タバコ、VAPEを使用する際はあくまで自己責任ということを理解しておきましょう。