おすすめの電子タバコVAPEを分かりやすく解説します

VAPEは、電子タバコのことで、一般的な火を使うタバコからスタイリッシュなフォルムに進化しています。香りがつけられたリキッドという液体を電力で加熱して気化させ、リキッドの香りを嗅いで楽しむものです。VAPEとタバコは、まず見た目が異なります。タバコは乾燥したタバコの葉が紙で巻いてあるだけですが、電子タバコはまるで文房具のような形をしていて、タバコよりサイズが大きくて、存在感はあり、色も自分のお好みの物を選ぶことができます。タバコはライターで火をつけるとタバコの葉が燃えて煙が発生します。タバコの煙が壁を黄ばませたり、においがついたりしてしまいますが、電子タバコはタバコの葉を使われずに、香りがする水蒸気を吸うということになります。日本で販売しているリキッドにはニコチンは含まれていません。

VAPEのリキッドと充電について

リキッドは、香りをつけている液体のことで、このリキッドが気化したときに漂う良い香りがVAPEのメリットとして挙げることができます。豊富な種類のリキッドが取り揃えられていて、様々な香りを楽しむことができるようになっています。また、ニコチンが含まれているリキッドも存在はしていますが、日本の国内で販売するすることは法律で禁じられています。電子タバコのVAPEは電子機器になるので、定期的に電気を充電する必要があります。充電を行うときには、VAPEのバッテリーの部分を取り外して専用の充電器で行います。USB端子から充電することができるためパソコンのUSBの差込口から電力が供給されるのはもちろんのこと、iPhone用の充電器と接続して使うことができるので、非常に便利です。

VAPEを吸うためのコツについて

VAPEを吸うためには多少のコツが必要になります。最初にリキッドをカートリッジに注入したらリキッドを気化させるアトマイザーという部品を取り付けて、その直後に吸い始めようとしないで、およそ十分ぐらい待つ必要があります。アトマイザーにリキッドを浸透させておかないと、蒸気が出てきません。そして吸い始めも蒸気が出てこないため、およそ二十回ぐらい吸ってみる必要があります。吸い始めの何回目かで蒸気が出てこないからといって電圧を上げると、故障する可能性があったり、コイルが加熱しすぎて焦げる可能性があったりするためです。コイルを交換する必要が出てくる頃にも、蒸気が発生しにくくなります。交換する必要がある時期は使い続けて、二週間ぐらいが経った頃で、あまり頻繁に使用しない場合は、三週間から四週間が経った頃になります。